頭を抱える劇場難

六本木ブルーシアター|東京,利用案内他施設概要

 

6月21日、ブルーシアター六本木が同年11月に閉館することを発表した。

 

まさにブルーシアター、青い倉庫のような外見と楽屋のむき出しの鉄骨の梁、あの傾斜に身をゆだねた俳優は数え切れないだろう。ありがとうブルーシアター。最後のブルーシアター、ナンバカは行く予定にしています。

 

今ひそかに話題になりつつ劇場難。

 

私の地元・福岡も様々な劇場の変化に例年より、より多くの劇場で行われている。

 

例えば舞台弱虫ペダル。二つの頂上まではキャナルシティ劇場で公演が行われていたが、新生総北から北九州ソレイユホールに変更。木金土日と4日間にわたる公演日程のせいなのか、北九州だったからなのか、キャスト変更が大幅すぎたのか、二階席は封鎖され、一階席も20列ほどしか埋まってなかった。次作品から福岡公演もなくなった。

 

ハイステも同じようにキャナルシティ劇場で行われていたが、次回作から久留米シティープラザになった。北九州の次は久留米か。大幅な行き来である。

 

キャナルシティ劇場がときどき使用出来ないのはキャナルシティ劇場が劇団四季の公演が入っているからである。今年はリトルマーメイド。テニミュ2nd頃はずっとサンパレスで公演を行っていたが、その頃はキャナルシティ劇場が劇団四季の公演があったか、たしかその時期専用劇場になったかだったと思う。

 

あらゆるマンガ・アニメ・ゲームの舞台化、若手舞台俳優の増加に伴う舞台公演のインフレが発生している今、劇場が減ってきているという問題はたいへん深刻である。

まあ正直舞台化はしすぎたとは思うけど。

 

かと言って私たちには何も出来ないのがムズ痒い。

今は舞台に足繁くかよって劇場にお金を回すことだと思う

きみはいい人、チャーリーブラウン

4/29、きみはいい人、チャーリーブラウン行ってまいりました。

安定のネタバレ注意です。

 

率直に感想をお伝えしますと、このミュージカル

泣けます。

 

結論幸せってどこにでもあるよねっていう感じだったんですけど、それを村井くんをはじめ歌唱力が凄すぎるキャスト全員で歌っていて、普通に泣きました。

 

私自身、ココ最近4月に入ってからいい事なしの日常だったので刺さる言葉が多くて、ずっとじんわり涙でした。

 

特にルーシーとライナスのシーン、ライナスが「お姉ちゃんをあいしている弟がいるってこと」とルーシーに伝えた瞬間、弟がいる私は涙が抑えられませんでした。

なんやかんやいっつも喧嘩とかしちゃうけど結局姉弟は仲良しなんだなーって思って。

 

今回のカンパニーはえらく歌唱力がやばい。総評それ。

どんな歌詞でもメロディーでも結局歌う人によって歌のイメージは変わるから、歌の持つ力と演者の歌唱力の凄みに鳥肌がたちました。

 

あっきーさんがすごすぎた…なんなんだあの人は…流石としか言いようがありませんでした。

 

マチソワ入ったのに語彙力が無さすぎてこんな感想しか言えません。また思い出したらぼちぼち呟こうと思います。

 

次の村井くんはRENT初日です。メッチャクチャ楽しみです。

まるで試合を見てるよう

4/21、ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」"勝者と敗者"を観劇してきました。

 

ネタバレと感じる節があるかもしれません。全てを受け入れてくれる方のみ、読み進めてください。

 

 

f:id:rchant_m:20170421233151j:image

 

 ハイステ参戦は初めてなので最初はあんまり緊張してなかったけどいざ開場して舞台を見るとやっぱりドキドキ。

開演前からスクリーンに映される数々の名言たち。

 

今回は"セッターはオーケストラでいうと指揮者だ"という言葉がかなりキーワードのようで、客電がゆっくり落ちるとともにオーケストラの始まりの音合わせのような曲から。

開演五分前のアナウンスが「インターハイ宮城県予選烏野vs青城の試合がまもなくはじまります」なのがテンションあがった…

映像をたくさん使う舞台は本当に初めてだから(テニミュを映像をちょっと使う舞台と仮定します)、OPのキャラクター紹介もめっちゃかっこいいし!!

 

ここはハイステだけだなと感じたのは今回だけかもしれないけど、ダンスが多い。ミュージカルと銘打ってない作品にしてはダンスがとても多いと感じた。その中で試合を展開していったり感情を揺さぶったり…。

 

バレーボールは基本的にほかのスポーツに比べてボールの行き来のテンポがはやいイメージがする、そして6:6という団体戦

まるで試合を生で見ているようなスピード感とステージ場(コート)のどこからともなく上がる大きな声。団体で戦っているんだという歓声や声。マイクを通してない声やハイタッチの音が聞こえる。試合だ。

ラケットを振ったりハンドルを持ったりしてる舞台やミュージカルとまた違った感じ。戦うものは自分の身体だけだから全体的に人と人との距離がすごく近い。スレスレを走って避けたり、自由な動きが多い。

 

道具を使ってたたかわないからこそ、手の先とかに視線がいって、ブロックのあの高圧的な手の先すごかった。とくに月島・松川らへん。

 

ステージが傾いてるのがすごい。よく滑らないな、とどうでもいい感情を抱く。打点が高く見える為もあると思うけど基本的にキャスト全員の脚力がすごい。

 

特に遊馬くん。話を聞けば彼は元々バレーをやっていたらしい。なるほど、通りで圧倒的な打点の高さ。

黒尾もジャンプが高いこと…しかし音駒の二人は基本的に女の子だった(笑)黒尾の女の子はとても悪くなかった。

 

3時間の公演中、試合の時間は90%と言ってもいいくらい。その間勝利のために飛び続けたキャラクター達、キャストの本気を目の当たりにしてついつい応援にも熱が入る。

 

まるで本当にバレーボールの試合を見てるような、代々木体育館で火の鳥NIPPONを応援してるような気持ち。

 

ところで私がハイキューで最も好きなのは田中くんです。彼はムードメーカーとして盛り上げ役を兼ねるもちゃんとチームの中心で自分の存在意義を持っている。

そんな彼が対青葉城西で一瞬苦しむところを目の当たりに出来て本当によかった…。

 

結果はわかってるはずなのに、結末を知ってるはずなのに、なんだかひやひやして頑張れ!って思って悲しくなって。

 

なかなか主人公のチームが負けるマンガって少ないと思うんです。マンガを描く側もきっと負けさす勇気?みたいなのって絶対あるはずなんです(マンガ描いたことないですけど)。でもきっとそれが成長になるって分かってるから負けを私達も認められると思う。

監督の言葉が心に刺さる。

 

"負けは弱さの証明ですか。"

 

日向たち烏野は負けてしまった。烏野に勝った及川率いる青葉城西も負けてしまった。

 

ハイキューはそんな儚さと現実味のある高校生達の全力の物語だと思います。

 

どの舞台やミュージカルを見に行っても世界観に引き込まれて、試合を見ているような感覚になるけど、ハイステは一味違う世界の引き込み方で本当に私達も体育館で応援している気分になりました。

 

 f:id:rchant_m:20170422103951j:image

 

気が付いたらブロマイドこんなに買ってました。今回は買わないと決めたのに…(笑)

 

日替わりアドリブ的なところでとんこつラーメンとんこつラーメンめっちゃ言ってたのでラーメン食べたくなってラーメン食べて帰りました。

 

福岡公演は今日を含め明日までのこり4公演ございます。入口には当日券とかいてあったのでまだあまりはあるのではないでしょうか(詳しくは公式Twitter等を確認なさってください)。

高校生達の全力の青春を求めてるの方はぜひ。とてもいい青春です。

 

いつもいつも舞台の前になると予習予習とカッカなるのが常ですが、あえて予習せずに行くのも楽しいです。何も知らない状態で行くのもとてもいいものです。

 

 

ハイステ

に行ってきます。なんと今日。

 

ハイキューはアニメ一期を見ていただけでその他は何もわかりません。ただコーチの名言は田中一成さんの声で何度も何度も再生されました。

 

ハイステ参戦は初。ハイステは実に演出がオリジナリティ溢れるものだと聞いていますので、今回あえて何の勉強もせず、初めてを感じてこようと思います。

 

では、4時間後ですが、行ってきます!

舞台弱虫ペダル新インターハイ編

ネタバレ含みます。気をつけてくださいね!

 

 

って事で行ってまいりました。3/7、舞台弱虫ペダルインターハイ編。

 

f:id:rchant_m:20170308091310j:image

 

飛行機に乗って東京1人遠征が初めてだったので、めちゃくちゃ迷子になりました。水道橋に行きたいんですけど、って係員の人に言いまくってたから、多分相当東京ドーム行きたい子と思われてたろうなあ(3月7日は東京ドームでWBCが行われてました)。

 

そもそも東京ドームシティー上陸が初めてだったので、友人が案内してくれました。ふと目に止まったバイキングに乗ることになり、乗ると

 

「こんにちは!小野田坂道です!」

 

?!

 

ペダステだから?!と思ったけどCV.山下大輝だったので、よくよく考えてみるといいタイミングで東京ドームシティーとコラボしていたようで。どうりで入口にユキちゃんのパネルがあったわけだよ。

 

たまたま隣に座った二人組の女性もワー!ってなってたのできっとペダステ見に来てたんでしょう。

 

座席はアリーナ14列目。

今回は座席の都合なのか14列目が最後列でした。いいのか悪いのか。14列目なので結構真ん中くらいかな?と思っていたけど

でも、足元が広々してて同じ列のお客さんが通ったりする時に足を無理に動かさなくても通れるのでは?と言った感じのゆったり。ヤコバだったらゆったりシートは高いやつです。足も組めるし荷物も足の前におけました。

 

しかし今回最後列で見えにくくもあって。アリーナわりと段差が作られていたものの後ろ4列くらいが同じ高さでもともといつもの劇場より少し客席が高い作りになっていたので(客席が底上げ?されていた?)、少し体格のいいお客さんが目の前にいてめちゃくちゃ見えづらかったです。かぶりました。鏑木がいなきゃいけないシーンで鏑木がおらんやんと思ったらかぶってたり。

 

かぶり方が尋常じゃないんです。キャストがすっぽり見えなくなるくらい。

 

これはどうにかして欲しいなと思いました。きっと客席を底上げしたからかなあと思うのでテニミュなどの普通の公演には支障がないことを祈ります。ペダステ今後見に行かれる方は気をつけられてください。(まぁどうしようもないんですけどねσ(^_^;))

 

私のお隣は男性のお客様でした。どうやら反対隣の女性のお客様の同行のようでしたが、原作が好きなようで。

 

私だいたい現場の前は震えが止まらなくなるくらい緊張するのが常なのですが、今回はそんな緊張もなくヒメヒメがかかったあたりくらいからドキドキし始めて、ヒメヒメの最後の音が大きくなると緊張しますよね。あれやばいですよね。家で聞いててもヒメヒメの最後は音をガンガンあげます(笑)

 

今回カテコの曲が違うっていうから、最初も変わるんかなあもうヒメヒメはきけんのかなあって思ったら聞けたのでめちゃくちゃ嬉しかったです。

 

お話はネタバレにもなりますしできるだけ避けて話したいのですが、キャストがガラっと変わっても変わらないのがシャトナーワールド。1番もうこれシャトナーワールド好きすぎだわって思ったのが、インターハイ会場である栃木宇都宮の様子を説明するところ。

 

選手、どわぁぁあー

自転車、ズラアーー

観光客、ワイワイワイワイ

 

みたいな、わかります??(笑)伝わって欲しいですけど、伝わりました?(笑)

 

いつまでたっても変わらないシャトナーワールドと、今回の日替わりもめちゃくちゃ笑わせてもらいました。

 

特に鳴子。和田泉を笑わせてましたよ普通に(笑)和田泉途中で笑いすぎて話せなくなったんです。その後で醍醐坂道もゼッケンで顔隠して笑うし、鳴子面白すぎ。

 

インハイに向かう前のバスでもなかなかのアドリブ炸裂で笑いが止まりませんでした。手嶋さん、大変そうやったな~

 

去年のこの頃上演された新生総北でも、見終わったあとに段竹と古賀がカッコイイなあって思ったんですが、今年もそのマジックにかかりました。

 

段竹役の植田くんが普通にハンサムなのが原因。古賀役の(前作の)輝馬さんも田川くんもあのメガネの似合うシュッとした感じが全体的に超タイプなのでやばい。

 

田川くんマジでかっこいいな…。

 

もちろん坂道くんを応援しに来たので、坂道くんの話もします。

演技はやっぱり歴代2人とは違ってどちらかと言うと自転車部はいりたての坂道くんって感じだったけど、一年生や同級生にタメ語を使うのがとても先輩だなあって思いました。優勝から1年たったインターハイでプレッシャーに押しつぶされそうな坂道くんのメンタル面がうまいこと溢れてました。

走り方が小越坂道を受け継いだような気がして、出だしでわ~坂道くんがいる~っていう頭弱い子みたいなことずっと思ってました。

 

今回青八木がめちゃくちゃ話してて、青八木も副キャプとして成長したんだなって感じました。青八木もかっこよかったなあ。

 

もうみんなカッコイイんだよね。みんな最高。

 

タケさんが演じる御堂筋を見るのが初めてだったけど、御堂筋の笑い方がうまくて愛嬌あるけど不気味さもあって、腕が長すぎてびっくりしました。

 

葦木場も銅橋も御堂筋も背が高いからもう何が何だかわからん。自分の背の高いっていう基準が謎になってきそう。

 

葦木場と手嶋、そして真波と小野田、新開悠人がどうなるのか。

 

これは続きますね。確実に続きの予感しかしないよ。秋かな?夏かな?

 

ところで序盤で出てきた回想シーンの巻島先輩が息を呑むくらいそっくりだったんですけど、誰がやってたんでしょうか。

推しの人生をかけてみた。

いつかある方のブログで見た、推しの人生をかけた人生ゲーム。

やらないわけがないとすぐさま友人を呼びつけ、人生ゲームを行ったのが先週。

 

今回わたしたちの手によって運命を左右される勇者のみなさんがこちら。

 

f:id:rchant_m:20170221122650j:plain

 

向かって左より、若手舞台俳優の大ベテラン・村井良大さん、参加者の中で最年少で最長・千歳千里さん、IHロードレース男子覇者・小野田坂道さん、日本のフレッシュな古豪・勝生勇利さん、ロシアからの神風・ヴィクトルニキフォロフさん、アイドル界の絶対王者・TRIGGERの八乙女楽さん。

 

いやぁつわものぞろいのゲームですね。

 

しかし、私たち推しの運命を決める人間は私を含め2人。さみしいオタクとか言わないでくださいね。

その都合もあり、この6人の中の4人しか人生ゲームに参加できないという。まず2人をふるいで落とさなければならなくなりました。

 

その結果、正座の幅でマスを占領しそうという理由で村井さんと、背が高いのでよく倒れるという理由で千歳くんが脱落しました。

いつかこの無念を晴らさせます。

 

ということで、勝生・ヴィクトル・小野田・八乙女の順番でいざスタートです。

 

 最初に職業を決めるルートですね。(人生ゲームをしたことのある方はご存知なはず。したことない方はそういうマスがあるんです。)

結果はこちら

勝生勇利:ビジネスマン

ヴィクトルニキフォロフ:スポーツ選手

小野田坂道:フリーター

八乙女楽:占い師

 

ヴィクトルすごい!!!ヴィクトルが凄いのかヴィクトルの人生を決めた友人が凄いのか。

 

人生ゲームの醍醐味として大きなお金が一度にたくさん動くことですね。(大量の100,000円札を見ながら現実でこんだけあればいいのにとか思いました)(人生ゲームは合法で偽札を扱えるゲームですよね。)

そして結婚というマスが存在します。全員止まる運命です。

 

あああまだ高校一年生がいるのに…と思いながら結婚させる私たち。どんな相手だろうかとかなんだとかここで話が盛り上がりました。

結婚するとサイコロの数字ごとに頂けるお祝いのお金が変わります。

 

ここであるひとりの青年が不幸を迎えます。

 

勝生勇利、約束手形に手を染める。

 

4番目の八乙女楽の結婚のお祝いのお金を払うことが出来ないような貧乏に彼はなってしまったのです…ビジネスマンなのに…フリーターの小野田くんより貧困に悩まされるなんて。

きっと仕事が上手くいかなかったんでしょう。彼の性格的に押しつぶされてしまったのではないでしょうか。はたまた奥さんがめちゃくちゃ金遣いが荒かったのでは…離婚を考えて欲しい。

 

それから勝生くんは娘も生まれました。なのにまだ約束手形が増える一方。もうビジネスマンやめてゆ~とぴあかつきをはよ継がんかい。

なんとその娘は親のお金(約束手形が増える)で海外留学にいくという奥さんと同じレベルの金遣いの荒さ。両親お金なさそうやからやめとけやい。自分で貯めんかい。

 

ヴィクトルにも娘が生まれました。将来はフィギュアの道を継がせるのでしょうか。ヴィクトルの奥さんは日本人なのでしょうか。ロシア人なのでしょうか。

ヴィクトルは金銭的にも余裕で安定していてマンションを購入。(ヴィクトルはマンションぽい。)

 

八乙女くんと小野田くんは子供が生まれませんでしたが安定的にお金もあり(ラッキーカードという何かしら持ってりゃラッキーみたいなカードもこのふたりはめちゃくちゃ持ってた)、夫婦水入らずといった感じですかね。

 

小野田くんに子供とか聞いたら倒れそうなので子供できなくて良かったσ(^_^;)

 

勝生勇利のファンの皆様、勝生勇利くん、関係者の方々ごめんなさい。

結局、勝生勇利の人生を救うことができませんでした。

これはきっと彼がヴィクトルコーチに出会わなかったら…?という虚妄の世界だろうということにしました。ヴィクトルコーチに出会ってくれて本当によかった。ユーリon ICE最高。

 

ヴィクトル、小野田くん、八乙女くん、ふるいにかけられた千歳くんと村井くん。みなさんご協力ありがとうございました。

 

コマの作り方や、推しの人生をかけた人生ゲームを考案された方、ありがとうございます。めちゃくちゃ楽しかったです。

 

お金のかからない、最高のおうち遊びでした。人生ゲームっていいな。

 

 

近況と次の現場の話

北園涼くんのSHOWROOM番組「ゾノカツ!」。SHOWROOMを利用することすら初めてなのでまぁ何をすればいいのかも分からないまま見始めると、予想外に視聴者数が多い。

 

ごめん北園くん、ちょっとなめてた。

 

そりゃあな、みんな北園くんがイケメンだから見に来るんだよな。わかるわかる。

 

バレンタインの放送も聞き流すように聞いていた(2時間ほぼ聞き流していたので引っ越したいってことと輪ゴムを家に置きたくないみたいなニュアンスのことを言っていたことしか覚えてない)。

 

実は3月に東京に行くのだが、北園君の舞台初日の朝に地元に帰ってくることになっていて唇を噛んだ。もう少し北園くんにハマるのが早ければ。嗚呼。

 

5月に2.5dカフェに行く予定です。小狐丸運がここで使われることを祈って最近は欲のない人生を過ごしています。そのタイミングをうまくドリライと調整させる作戦です。

 

ペダステは通路席でした。ああなんという神のご加護。

 

テニミュだったら通るのになぁ。山吹戦だったらあそこは亜久津が通ったのになぁ。と思いつつ。

 

ペダステが最後に客降りをしたのは恐らく二つの頂上では?と思い出した。髪の短い巻島くんがお客さんにタンポポの名前をつけていくあのシーン。タンポポ美とか付けられてたなぁ。

 

あわよくば坂道くんが通ってくれれば泣いて喜びたい(欲があってしまった)

 

ところでペダステで今までキャラクターのお誕生日をお祝いしたことがあっただろうか。私の記憶上ないはずだけど、あったらごめんなさい。

 

おそらく坂道くんのお誕生日はないはず。去年も福岡公演と坂道くんのお誕生日はビミョーに被らなかったし、その前の年もおそらく被っていない。

 

坂道くん(醍醐くん)はお誕生日をお祝いされてどんな気分になるんだろうか。

 

ペダステに持っていくサイリウムは何本が常識的なのかを考えた。やっぱりここは8本フル装備で行きたいところだが、なにぶん一人で行くのに加えてあの短い時間で8本装着してつけることは難しいのでは?とも、東京まで8本持っていくのも重たいとも思う。

 

ここは2本くらいにしておこう。去年もその前も2本持っていった気がするので。

もしこのブログを見つけてご覧くださってる皆様の中にペダステにサイリウム持っていったことあるよ、持っていくよって方はどうか良識的な本数を教えてください。

 

まぁ人によってまちまちでしょうけどね。

 

醍醐くんってリアル高校生でキャラビジュアルもかなり可愛いし、どちらかというと1年生の坂道くんに近い印象。村井坂道は初演でインターハイ優勝したくらいの凄み強みがあったし、小越坂道は強さとか弱さを兼ね備えたようなスーパー坂道中の坂道って感じ。

どの坂道くんも最高に好きです。

 

あっという間にペダステの日が来そうなので、今のうちに醍醐くんへ手紙を書こう。私の坂道くんへの愛でも押し付けるように書こうかな(?)