読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノーコンティニューでクリアだぜ

本日10/2からスタートした仮面ライダーエグゼイド。

早速第1話を見た感想を。

 

なんといっても世界観。ゲームのウイルスにやられてしまうというものからか、色使いやCGの使い方がゲームらしい。エグゼイドもピンクを基調に蛍光色の緑と黄色。またピンクのライダーだよ!かっこいい!!

そして戦う時のエフェクト。個人的にはゲームやアメコミなどの派手な感じがすごく好きなので、今回の色使いは本当に好み。

 

仮面ライダーって最初の話はだいたい主人公の演技力はまだまだだなぁって思う時とかあるけど、今回主人公を演じる飯島寛騎くんはあまりそれを感じない印象。彼を経歴をよく知らないけど、なにかお芝居の経験があったのかな。

 

明日那ちゃんも可愛い。なんだあの子。可愛すぎ。ミニスカナース服が良く似合う。なんだあの子。

 

お話としてはゴースト同様よく見てないと難しそう…といった感じ。ゲームウイルスだったらそりゃ話はすこし難しくなるよな。

 

今回もエグゼイドのアクションを担当するのは高岩さん。高岩さんすごいな…。

そして主題歌は三浦大知さんの「EXICITE」。仮面ライダーの主題歌とは思えないアップテンポな曲。

 

主題歌やゲームというテーマも相まって、今の時代を象徴するようなイメージ。

 

変身したときはアメトーーークに出演した時そのままの5頭身くらいのエグゼイド(そういえばエグゼイドはEX-AIDと英語表記するのを見てカッケーと思った)。レベルアップして通常の人間サイズになるのだが、人間サイズになった瞬間のエグゼイドがかっこいいことかっこいいこと。

 

スーパーヒーロータイム終了の時間もエグゼイドのゲームの世界にジュウオウジャーもいるようで、何だかほっこり。可愛いなぁ。

 

私的には松本享恭くんの活躍が楽しみ。医師免許剥奪ってなにしたんだよ。